【いい事尽くし】飲み水には「弱アルカリ性」のミネラルウォータを選ぶ良い理由


皆さんは市販のミネラルウォーターを選ぶ際、水のpH値を気にして選ぶことはありますか?pH値について知っておくと、今後自分に合ったお水選びに役立てます。

【結論】飲み水に弱アルカリ性のミネラルウォーターを選ぶと、体調を整えやすい効果がある!

健康な人の体液はpHがだいたい7.4の弱アルカリ性のため、アルカリ性の水は体との相性がよく、吸収率が高いのです。疲労回復や老化防止にもアルカリ性の水は効果的と言われています。

ふだん飲む水はアルカリ性が適している

【pH(ペーハー)

pHとは、水に含まれる水素イオンの濃度指数で、0から14までの数値で表されます。0から7未満酸性7より大きい数値アルカリ性です。pHの数値が小さいほど強い酸性で、数値が大きいほど強いアルカリ性になります。中間の7が中性です。

健康な人の体液は、pHがだいたい7.4の弱アルカリ性ですので、アルカリ性の水は体との相性がよく、吸収率が高いと言われています。

また、私たちが活動すると体内に「活性酸素」(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)が生じます。すると、体は酸性に傾き、疲れやだるさを覚えます。また、脂質と糖質の分解が行われにくくなります。「老化現象」は、活性酸素が大きく関係しているのです。

酸性になった体を弱アルカリ性に戻すには、アルカリ性の水を飲むことが有効です。つまり、疲労回復や老化防止にもアルカリ性の水は効果的です。以上のことから、ふだん飲む水はアルカリ性がいいということになります。

人間の皮膚は弱酸性で保たれています。ところが、石けんなどで洗い過ぎると、アルカリ性に傾き、雑菌が繁殖しやすくなります。そして、吹き出物やニキビなどができやすくなるのです。このようなときは、弱酸性の水で顔を洗うと、皮膚は健康な状態を取り戻していきます。

まとめ

pH値によって水の性質は違いますので、体の喜ぶ水選びの参考にしてみてください。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published



x